【参考】産業看護師の企業内健康管理室でのある一日の仕事内容

【参考】産業看護師の企業内健康管理室でのある一日の仕事内容

産業看護師になりたい方のために求人募集されている仕事内容に多い、企業内の健康管理室おける1日の主な仕事内容を説明させて頂きたいと思いますので参考にしていただければと思います。

 

勤務時間は勤務先により常勤で8:30か9:00出勤で17:00か18:00帰宅か午前中や午後のみとパートタイムでの勤務があります。従業員と同じ出勤時間で、出勤して行なうのはその日のスケジュールを確認をします。

 

健康管理室にこられる従業員は体調不良を訴える方やケガをしてしまった方、精神的な悩みを抱える方がきますので随時、相談を受けることが多くなります。その日によっては誰も来ないこともあるでしょう。

 

健康相談やケガ等の応急処置を行なうことともに、健康管理ですので、健康診断の問診表の確認や従業員の健康状態に関する報告書の作成でしたり、健康診断の結果による要注意者や異常値を示すデータがあった従業員の面談や作業環境の見直しに関する書類の作成・作業手順の改善や効率に関する書類作成など、デスクワークが多いです。

 

企業により産業看護師の日勤の人数は違いますが場合によっては1人で全従業員の健康管理や相談・書類の作成などをしなければいけませんので負担が大きいかもしれません。それに加えて作業時間の合間には企業内を巡回して作業勧業の観察や相談があった従業員への声かけなどを行ったりします。看護師の目で職場環境を観察することは作業環境や作業手順の見直し・改善案のよい情報収集になると思います。

 

また時には休暇中の従業員からの電話相談っていうのもあるかと思います。健康診断の時期ですと医師の診療の介助をすることも必要ですし、採血やバイタルサインなどの測定も仕事内容です。これらの仕事の他に保健センターや産業保健学会からの来客もある場合がありますので対応が必要となります。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】