労働衛生5管理における産業看護師の仕事内容

労働衛生5管理における産業看護師の仕事内容

産業看護師の主な仕事内容と言えば、社員の健康管理や健康に関する相談、メンタルケアや健康診断の補助などが一般的なのですが、厚生労働省では労働衛生3管理を基本としていて、その内容は作業環境管理、作業管理、健康管理の3つです。

 

しかし、近年では安全面や衛生面、健康面に関して重要視する企業が増えていることや、周りの目が厳しくなっていることもあり、労働衛生3管理ではなく、総括管理と労働衛生教育を付け加えた労働衛生5管理を実施していることが多くなっています。

 

1.作業環境管理
作業環境管理というのは、仕事を行う環境がしっかりと整っているのかということで、無理な環境で作業を行っていないか、必要に応じて換気などの対策を行っているのかということですが、健康に被害が出るような環境では当然よい仕事はできませんし、リスクも高まってきます。

 

2.作業管理
作業管理は作業環境管理とよく似ているのですが、やはり安全面は最重要視しなければいけないので、危険な方法で仕事をしていないか、機械類を使用する時にはきちんと使用用途を守っているのかという点もしっかりと管理しなければいけません。

 

3.健康管理
健康管理は特に説明する必要はなく、知っての通りに健康状態がよくないのに仕事をしていると、思わぬ事故に結びつく可能性もありますし、自身の健康状態を更に悪化してしまうことになるので、きちんと療養して回復してから仕事をすることや、どのように健康を維持していくのか産業看護師に相談することもあるでしょう。

 

4.労働衛生教育
労働衛生教育は、やはり職場によっては衛生的にあまりよいとは言えない環境で働く必要がある場合もあるので、どのように対策を練るべきか、更に食品関連であれば、きちんと衛生管理ができているのかという点を重要視しなければいけません。特に近年では食の安全が問いただされているので、近年では注目する人も多くなっています。

 

5.総括管理
総括管理は社内全体の環境やや管理を行うことなので、研修会なども行われていますし、会社によっては総括管理の部署を設けている場合もあるぐらい近年では力を入れているのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】