産業看護師としての採用が有利になるアピールポイント

産業看護師としての採用が有利になるアピールポイント

産業看護師を求人する企業も増えて産業看護師としうお仕事に興味を持っている看護師さんもいるかと思いますし、実際に勤務していて産業看護師の方が自分に向いていると感じている看護師さんもいるかと思います。

 

ですが企業が求める看護師さんは病院と違って大規模ではなく、少人数ですので倍率は高くなるかと思います。
人気な企業ですともっと入りにくくなることと思います。

 

産業看護師になりたいからといって直ぐになれるお仕事ではないこともありますので、採用してもらえるのに履歴書や面接時に有利なアピールポイントをいくつかあげて見たいと思いますので参考にして下さい。

 

企業により新卒の看護師でもOKとある求人もありますが、実務経験のある看護師よりは採用する条件としてはランクが低いですので経験者に差をつけるアピールポイントが必要となります。いかに産業保健という仕事に興味・関心を持ち自分がどのよに産業看護師として働いて貢献したいのかを面接者に伝えることが必要になるかと思います。その点では産業保健に関する一般者向けの研修を受けて、ご自身が感じたことやその上で自分自身が目指す産業看護師の目標などをアピールしてはいかがでしょうか。また、なぜこの企業にしたかなど企業についての良いところを基本理念や活動に関しての企業が掲げているものや実績などからその企業に興味があることをアピールして産業看護師に繋げていける面接内容になれば好印象になるかと思います。

 

企業の面接官はその企業の教育担当のプロかもしれませんので、一般的な面接でしたり、圧迫面接でしたり、色んな面接方法がありますので面接することも練習しなければなりません。学校に在籍の方は面接官として経験のある先生にお願いして練習して、面接に関してのアドバイスを頂くことも必要かと思います。

 

看護師経験のある方は、新卒の方よりも採用されやすいかと思いますが、上記の内容は参考になるかと思います。
看護師さんは内科等で生活習慣病に関する部署で勤務されており、実際に指導等の経験がある方は実体験を元に産業保健師になりたい旨をアピールできるので有利になりかと思います。

 

産業看護師の実務経験が必要ない産業保健に関する研修を習得することは大いにアピールポイトになるかと思います。

 

企業が求人する産業看護師は健診や健康管理・メンタルヘルスケアなど相談・指導でき、コミュニケーション能力が高い方ですので、その点をしっかりアピールできることが大切だと思います。

 

自分の長所・短所も面接時にはよく聞かれることですので、長所・短所を活かして産業看護師としての仕事にどう関わりたいかを繋げられると良いかもしれません。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】