産業看護師としての転職先に「中小企業」を選ぶメリット・デメリット

産業看護師としての転職先に「中小企業」を選ぶメリット・デメリット

産業看護師の就職先は大手企業が多いものの、大手企業でなければ求人を出していないという訳ではありません。

 

中には中小企業であっても産業看護師の募集を行っているところがあるのですが、大手企業に比べて求人数が少

ないというのがデメリットです。

 

当然求人数は多い方が就職できる可能性が高いので、転職する時には中小企業で産業看護師を募集している可能性は少ないということを知っておくべきでしょう。また、大手企業に比べて不景気になってくると倒産しやすいことや、社会保険なども企業によってはきちんと加入していない場合もありますし、給料も大手企業に比べて安くなっているのが一般的です。

 

やはり中小企業と大手企業を比べてしまうと、どうしてもデメリットの方が多くなってしまうのは仕方がないのですが、必ずしもデメリットばかりという訳ではありません。

 

中小企業ならではのメリットも
基本的に中小企業は大手企業に比べて人数が少なくなっているので、健康管理をする時にも比較的少人数なので管理しやすくなっていますし、健康相談やメンタルケアに来る人の数も大手企業より当然少なくなることから、それほど忙しくなってしまうということが少ないという点はメリットです。

 

更に中小企業はフレンドリーな会社が多くなっているので、比較的馴染みやすいという点でもメリットなのですが、やはり会社を辞めてしまう人の多くは人間関係となっているため、大手企業に比べて人間関係が円滑になりやすい中小企業はかなりのメリットがあると言っても過言ではありません。

 

他にも中小企業は社長が自ら現場で仕事をすることも多いので、看護師の仕事を全面的に任されることも多く、仕事に色々と口出しされることが少ないという特徴があります。

 

その分経験や知識も重要になりますが、きちんと経験を積んで看護師としての知識を身に付けていれば、とても仕事がやりやすいと言えるでしょう。特に中小企業では個人の能力を重要視することも多いので、待遇がよければ個人の能力を正しく評価してくれる場合も多くなっています。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】