産業看護師を雇用している企業が求める人材

産業看護師を雇用している企業が求める人材

デスクワーク中心の企業の場合

産業看護師の求人先はデスクワーク中心企業と工業系の企業があります。それぞれの求める人材には特徴がありますので、デスクワーク中心企業が求める人材について説明していきたいと思います。

 

デスクワークとは企業に勤める従業員がデスクワークをする勤務先のことで産業看護師がデスクワークという意味ではありません。

 

企業が求める人材は健康管理が出来る看護師さんです。健康診断を行いその結果のデータを管理し従業員全員の健康状態を把握しておかなければなりません。ですのでデータを管理するにあたりパソコンの技術が必要となります。また持病をもっている従業員や疾患の兆候のある従業員に健康の指導も必要となり、ますので指導の知識や技術、コミュニケーション能力をもつ人材が求人されています。

 

またメンタルヘルスケアができる知識や技術も求められています。求人情報には記載がないですが、看護的な知識・技術の他に企業で働きますので、社会に通用するマナーも必要になります。例えば、電話の応対ですとか、名刺交換のマナー・上司や来客の方と会話する上での丁寧語や尊敬語の使い方ですとか身に着けておくと印象が違うかと思います。

 

看護師でも病院に来られる方は患者様ではなくゲスト(お客様)とう意識をもってっと言われて指導を受けているかと思いますが、人と関わる上でとても大切な挨拶や笑顔・おもてなしが出来ることは会社の評価にもなりますので、従業員の健康管理とともに来客の方への一般的なマナーも必要になるかと思います。

 

工業系の企業の場合

産業看護師の求人としてデスクワーク企業の他に工業系企業の求人もあります。
工業系の企業が求める産業看護師の人材としては、従業員が工業系で勤務する方々ですので仕事内容は機械などを取り扱うかと思います。

 

ですので、熱傷や機械に挟まれてしまい指を切ってしまった、転落や落ちてきたものにぶつかってしまったりと身体に外傷を受けて応急処置が必要になる仕事内容が主になります。

 

求められる人材は外傷時の1次的・2次的な看護治療が迅速かつ的確に行なえる人材になるかと思います。
熱傷・骨折・指の切断等でもっとも大切なのは早期治療です。時間の経過が外傷者の生命に関わりますので、冷却方法でしたり止血や固定でしたり限られた医療器具での応急処置が行なえる知識・技術が必要となります。

 

また企業によっては危険物の取り扱っている工業もありますので、危険物(毒物・劇物)の取り扱いの資格をもっていると就職時に有利になるかと思います。

 

工業内ではデスクワークと比べてそういった処置が多くなるかと思いますが、健康管理も大切です。
従業員の心身ともに健康でなければ作業効率の低下や充分な休息が得られないため集中力の低下などで事故の原因になってしまうこともありますので、事故の予防の為にも健康管理・メンタルヘルスケアが必要となりますので、これらの知識・技術も求人として求められる人材になります。

 

産業看護師として処置なども行ないたい看護師さんは工業系の企業が働きがいがあるかと思います。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】