【産業看護師経験者向け】企業の採用傾向と求人の選び方

【産業看護師経験者向け】企業の採用傾向と求人の選び方

産業看護師の場合には、通常新人看護師の募集はまず行っていませんし、求人には書かれていなくても、経験がないと採用してもらえない場合が多くなっています。しかし、看護師としてある程度経験があれば、産業看護師としての経験はなくても採用してくれるのが一般的なのですが、中には産業看護師としての経験がないと採用してくれない場合もあります。

 

中小企業が狙い目

では、どのような企業で産業看護師経験者を求めているのかというと、やはり中小企業が多くなっている傾向にあるでしょう。なぜなら中小企業は大手企業のように、複数の産業看護師を雇う余裕はありませんので、誰かが指導をするということができません。よって看護師としての経験だけではなく、実際に産業看護師として働いたことがある人でなければ勤まらないと考える人も多くなっているのです。

 

産業看護師に限らず、近年では経験が無いと採用しない企業が多いですし、大手企業であっても産業看護師はともかく、他の職種では経験がないと中途採用は難しくなっています。ただし、経験何年以上と定めていることは少なくなっていて、誰かが指導をしなくても普通に勤務できる程度の能力と経験があれば問題ないと考えていることが多いでしょう。

 

もちろん大手企業でも産業看護師の経験がないと採用してくれない場合もありますし、実際には未経験歓迎と書かれていても、やはり経験者が来れば経験者を優先的に採用する傾向にあるのです。

 

更に大手企業でも1人で勤務している看護師も多いので、やはり指導者がいなくても仕事ができるということが前提となっているため、産業看護師としての経験がなくても、1人で仕事をする可能性が高い学校看護師や保育園の看護師などを経験していると、より採用されやすくなるでしょう。

 

中には保健師1人と看護師を1人採用して仕事をしている場合もあるのですが、このような企業では経験が浅い人や、ブランクが長く空いてしまった人でも採用してもらえる傾向にあるので、1人で色々な判断ができる人材を求めている会社が多いのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】