産業看護師になるための面接対策のポイント

産業看護師になるための面接対策

産業看護師として働きたいと思い、応募した場合には必ず面接が行われるのですが、この面接対策もかなり重要なのです。

 

通常面接対策と言えば、かなり高い確率で聞かれる内容を予想し、どのように返答するのかを考えておくことなのですが、もちろんこのような対策が必要になることはいうまでもありません。かなり高い確率で聞かれる内容とは、前の職場は何で辞めたのか、この職場を選んだ理由は何か、経験はどれぐらいあるのかという点でしょう。

 

他にも企業によっては自分の短所や長所、今後の目標、給料はどれぐらい欲しいと考えているのかという点を聞かれることも多くなっています。

 

これらの質問はどの企業であってもよく聞かれる内容なので、きちんと対策を行うべきなのですが、産業看護師の場合には更にプラスアルファーの対策が必要になります。ちなみに病院などの医療機関であれば、医療に関する意気込みや対策などを聞かれる場合もあるのですが、産業看護師の場合には面接官との話し方が大切になるのです。

 

なぜ話し方が大切になるのかというと、産業看護師の仕事内容を見ればわかるのですが、場合によってはケガ人の応急処置や急病人の看護が必要になるので、医療行為を行うこともあるでしょう。

 

しかし、毎回ケガをしているようでは問題ですし、急病人が毎日出てしまうようでは問題なので、当然このような企業はありませんが、健康相談やメンタルケアを行うための相談は頻繁に行う必要があります。更には健康面や衛生面、安全面などの指導も仕事に含まれているので、どのような話し方をするのかという点も面接官は重要視しているのです。

 

よってこの質問をされたらこのように答えるというだけでは、産業看護師の面接では通用しないので、どのような話し方をするのかという点まで注意しておかなければいけません。病院などの医療機関であれば、技術力と我慢強さ、更には相手への配慮が重要視される反面、産業看護師の場合には、コミュニケーション能力や相手の話をどのように聞いてどのように返すのかとう点も大切なのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】