産業看護師に転職するメリット「体力的・精神的負担の少なさ」

産業看護師に転職するメリット「体力的・精神的負担の少なさ」

産業看護師は通常医務室で仕事をすることが多くなっているので、体力的にはそれ程負担が大きい訳ではありませんが、健康管理や健康相談、場合によってはメンタルケアまで行う必要があるため、精神的には比較的負担が大きい職業だと言えるでしょう。

 

しかし、看護師の仕事に負担の少ない仕事は存在していないので、まず検討するべきことは、自分に向いている仕事であるのか、他の看護師が勤務する仕事と比べてどうなのかという点を重要視します。

 

体力的にきつい職場と言えば、やはり夜勤や残業が多い病院内でも病棟の仕事となっているのですが、病棟の仕事は大半の新人看護師が経験します。更に精神的にもきついことで知られているのですが、病院の病棟勤務に比べれば、産業看護師は体力的にも精神的にも負担が少ないと言えるでしょう。

 

ただし、産業看護師は新人看護師に勤まるような仕事ではないので、やはりある程度看護師としての経験と知識が必要になることや、同じ産業看護師であっても、勤務する職場によっても体力的や精神的な負担は変わってくるのです。

 

例えば看護師に健康面のケアや精神面のケアなどを全面的に任せてくれるような会社もあれば、全く看護師のことに関しては素人なのに口を挟んでくるような人が在籍している場合もありますし、大半の職場は1つの工場や事業所に1人で勤務することが多くなっていますが、中には2人や2人以上で勤務することもあります。

 

そうなると先輩看護師から色々とうるさく言われることもあるので、精神的な負担が大きくなってしまうと言えるでしょう。

 

それでも産業看護師は、他の職場に比べて体力的にも精神的にも負担が少ないと言われているのですが、やはりその人の向き不向きや性格によっても精神的な面は変わってくるので、まずは産業看護師の仕事内容を知ること、そして勤務を希望する会社の内情を把握しておく必要があります。

 

もちろん入社してみないとわからない面も多数あるので、できれば事前に見学させてくれるような企業や、社内環境をある程度知ることができる企業を選ぶべきでしょう。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】