産業看護師に転職するメリット「土日祝日が休み、有給休暇が取りやすい」

産業看護師に転職するメリット「土日祝日が休み、有給休暇が取りやすい」

産業看護師には様々なメリットがあるのですが、主なメリットと言えば、他の看護師が勤務する職場に比べて給料が高い場合が多いという点や、残業が少なく夜勤を行う必要がないという点が思い浮かぶでしょう。更に土曜日や日曜日、祝日などもしっかりと休むことができ、休日出勤も殆どないというメリットがあるので、休日に子供と遊ぶ約束をして、後になって仕事だからと子供を悲しませてしまうようなことになる可能性も低いのです。

 

他にも有給休暇が取りやすいというメリットもあるのですが、看護師の職場は病人を相手にしているので、こちらの都合で休みを取るということが難しい職場もあり、特に病院やクリニックなどは看護師が足りないと大変なことになるため、有給休暇が取りにくくなっています。

 

それに対して産業看護師の場合には、基本的に休みは他の社員と同じなので、土曜日は出勤日になっている会社があるものの、日曜日や祝日はほぼ確実に休めると思って間違いありません。当然他の社員がある程度自由に有給休暇を使えるように、産業看護師も有給休暇が取りやすくなっているので、いきなり明日休むというのは少々問題ですし、断られる可能性もあるのですが、ある程度前からきちんと届け出を出していれば、有給休暇を取るのに文句を言われることも無いでしょう。

 

もちろん産業看護師ならではの苦労も多くあるのですが、メリットがとても多い職場なので、看護師の中にも産業看護師として民間企業で勤務したいと望んでいる人が多くなっています。

 

更に休日に関しては、土曜日や日曜日、祝日だけではなく、年末年始や夏休みもしっかりと取れる職場が多くなっているので、休日の数も産業看護師が多くなっているのです。

 

年末年始は休める職場が多いものの、介護施設や病院では全員休んでしまうという訳には行きませんので、誰かが出勤して仕事をする必要があるのですが、民間企業は全員休んでしまうことから、出勤しても何も仕事がない状態になるため、きっちりと休めるのが一般的なのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】