【産業看護師未経験者向け】企業の採用傾向と求人の選び方

【産業看護師未経験者向け】企業の採用傾向と求人の選び方

産業看護師は通常看護師としての経験は必要なのですが、産業看護師としての経験はなくても採用してくれる可能性が高いというのが特徴です。また、産業看護師は人気の職業となっているので、他の看護師が人材不足で悩んでいるのに対して、産業看護師は倍率が高くなっていることも珍しくはありません。

 

しかし、全ての企業で産業看護師が足りているという訳ではないので、中には未経験者歓迎、ブランクの長い人も歓迎と求人案内に書いている場合もあるのです。

 

このように看護師としての経験があれば、産業看護師としての経験はなくても採用してくれる企業の特徴としては、産業看護師の存在を重要視している場合や、産業看護師がいないと社員が安心して働けないと考えている場合が多く、比較的優遇してくれることも珍しくはありません。

 

未経験者への指導体制が整っている大手企業が狙い目

他の職場でも同じことが言えるのですが、経験者しか採用していないということは、この会社には指導できる人間がいないから自分で覚えてきてくださいと言っているようなものなので、未経験者でも積極的に採用しているということは、逆にこの会社には指導者がいるので、経験がなくても安心ですよと言っているのと同じなのです。

 

よって未経験者を積極的に採用する企業というのは、しっかりと指導ができる体制が整えられているということであり、たとえ1人で勤務していても、きちんと引き継ぎ作業を行っているということを意味しています。このような未経験者の産業看護師を募集している企業の多くは大手企業となっているのですが、中小企業であっても看護師としての経験があれば、産業看護師としての経験はなくても採用してくれる可能性は十分にあります。

 

ただし、未経験だと給料が少々安くなってしまう場合もありますし、応募希望者が多くなれば、やはり経験者の方を優先的に採用する企業が多くなっているので、やはり経験というのは資格以上の武器であり、かなり重要視されているということがわかるため、しっかりと対策を立てることも必要なのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】