産業看護師としての転職先に「大手企業」を選ぶメリット・デメリット

産業看護師としての転職先に「大手企業」を選ぶメリット・デメリット

産業看護師として採用してもらう企業には、大手企業と中小企業が存在しているのですが、大手企業に採用してもらうメリットやデメリットをあらかじめ知っておく必要があるので、簡単に紹介させていただきます。

 

メリット

産業看護師の求人は大半が大手企業となっているので、普通に求人を探していれば大手企業に転職することが多くなるのがメリットと言えるでしょう。求人が少なければその分就職するのは難しいですし、産業看護師は他の看護師が働く職場に比べて求人が少ない傾向にあるので、その中でより多く募集している大手企業へ転職する場合には、やはり求人が多い方がメリットなのです。

 

そして倒産する可能性が中小企業に比べて少ないという点もメリットなのですが、近年では大手企業でも倒産や吸収合併の危険性があるので、決して油断することはできないものの、中小企業に比べれば圧倒的に倒産する可能性は低くなっています。

 

更に給料が高い場合が多いというのも大手企業のメリットなのですが、産業看護師に限らず、一般的なサラリーマンやOLであっても大手企業の方が待遇はよくなっていることが多いのです。

 

他にも会社の保有施設を安値で使用できる場合も多いですし、社会保険などもきちんとしていることが多いというメリットがあるのですが、大手企業に産業看護師として就職すればメリットばかりという訳ではありません。

 

デメリット

どんなによい職場でも必ずデメリットがあるので、きちんとデメリットも把握しておく必要があるのですが、大手企業の場合には人数がかなり多いので、健康管理や健康相談、メンタルケアなどを受ける人が多くなることから、その分仕事が大変になります。また、色々な地域に支社や工場、事業所が存在しているので、別のところに転勤や出張という可能性もなくはありません。

 

他にも大手企業には派閥が多くなっているので、企業によっては公務員のように、能力が低くても上司に気にいられれば給料アップや出世などをすることも多いため、居心地が悪いという人も実際に存在しています。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】