産業看護師への転職を考えている看護師さんにオススメの類似求人

産業看護師への転職を考えている看護師さんにオススメの類似求人

健康管理専従系の求人

健康管理専従系の産業看護師というのは、基本的に医務室で勤務しており、社員の健康管理や健康指導などを行う仕事で、学校の保健室で勤務する場合とよく似ています。

 

他にも健康診断を行う時には、健診センターや健診クリニックから来た医師や看護師の補助をする場合もありますし、ケガをした時の応急処置、急に気分が悪くなった時の看護なども仕事内容に含まれています。

 

産業看護師という名前で求人が出ている場合、大半はこの健康管理専従系の仕事だと思って間違いありません。

 

場合によってはメンタルケアを行う場合もあるのですが、企業によってはメンタルケアをかなり重要視していることもあり、産業看護師ではなく産業保健師を募集している場合もあるので注意しましょう。

 

しかし、数多くある看護師の仕事では、この健康管理専従系の産業看護師が最も人気があると言っても過言ではありません。

 

企業勤務系の求人

医務室で勤務する産業看護師だけではなく、医療機器メーカーのフィールドナース(クリニカルスペシャリスト)、治験関連企業の治験コーディネーター・臨床開発モニターなど、看護師の企業勤務には様々な種類があります。医療資格を持っていない場合でも応募可能な求人もありますが、ほとんどの場合、看護師・保健師・薬剤師の資格を持っている方が活躍しています。

 

これらの企業勤務系の仕事は医務室で働く看護師とは異なっていて、他の社員と同じような仕事をしているので、看護師としての技術だけでは不十分な点もいくつかあります。

 

治験コーディネーターや臨床開発モニターとして働く場合は、パソコンのスキルが必要になってきますし、フィールドナースの場合には医療機器の知識が必要になるだけではなく、外資系の企業であれば外来語のスキルが必要になる場合もあるのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】