産業看護師と産業保健師の役割や待遇の違い

産業看護師と産業保健師の役割や待遇の違い

民間企業では産業看護師と産業保健師が勤務しているのですが、基本的に仕事内容や待遇が大きく変わるということはありません。

 

ただし、看護師というのはケガの応急処置や病気になった時の看護など、医療行為を中心とした仕事がメインとなっているのに対して、保健師というのは健康指導やメンタルケアなど医療行為ではなく、本人と話してどのように健康管理をするべきなのかというアドバイスや、メンタルケアをするための相談などがメインの仕事となっています。

 

本来であれば看護師と保健師の役割は異なってくるので、病院や健診センター、クリニックなどでは完全に役割分担されている場合もあるのです。

 

民間企業の場合には、基本的に看護師も保健師も役割が殆ど一緒になっているので、それほど違いがあるという訳ではないため、あまりに気にする必要はないでしょう。

 

また、看護師になるには看護師の資格だけで問題ありませんが、保健師の資格を取得するためには、必ず看護師の資格が必要になるので、もし求人に産業保健師の募集と書かれていれば、保健師は応募することが可能であるものの、看護師は応募することはできません。それに対して産業看護師の募集と書かれていれば、看護師は当然なのですが、保健師であっても看護師資格を持っているので応募することが可能です。

 

この点では保健師の資格を持っていた方が有利なのですが、中には産業保健師と産業看護師の両方を募集している求人が出ていることもあるので、このような場合には給料で保健師の資格を持っている産業保健師の方が優遇される場合もあります。

 

ただ全ての企業で保健師と看護師で給料に差をつけているという訳ではありませんし、民間企業というのは会社によって給料が大幅に変わってくることも珍しくはないので、会社によってはこの企業はとても給料が高く、一方でこっちの企業は保健師なのに向うの看護師よりも給料が安いという状態になることもあるでしょう。給料はあくまでその会社次第であり、保健師だから給料が高いとは限らないのです。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】