産業看護師の従業員の健康管理における役割

産業看護師の従業員の健康管理における役割

産業看護師にもっとも求められているのは企業の求人情報でも多くある健康管理についてのお仕事です。

 

健康管理は本来であれば自分自身で自己管理が出来なければなりません。健康に関することに対しての情報はメディアや雑誌・インターネットで各自で情報収集ができ、たくさんの情報をえることが出来るようになっています。

 

情報社会の今、自分自身で行なえるはずの健康管理がなぜ行なえないのかは、たくさんの情報がある分、自分にあった健康法が見つけられなかったり、妥協して継続できなかったり、仕事が忙しくてそこまで手が回らなかったりなど、様々な原因があげられると思います。また若いゆえに無理をしてしまたり、若いと思ってそのままの嗜好のみの食生活を続けてしまっていたりと問題点は色々と考えられます。

 

自己管理ができている方もいると思いますが、企業が産業看護師を求めるということは予防の意味も含めて上手に健康管理が行なえるように支援して欲しいからだと思います。

 

自分自身で意識して健康に気を使っている方もいると思いますが、産業看護師がいることによって、健康に関する正しい知識をアドバイスしたり、個々人の性格や体型・ライフスタイルにあっ方法を指導し達成しやすい目標を一緒に決めて取り組み評価や褒めることで健康に関する意識が高まりますし、楽しく行なえると思います。

 

自分で行なうと目標を高く設定し達成できなくて3日坊主になったりすることがよくあります。また一人ではなく看護師さんの支援があるとなると認められたいという意識から健康管理を継続できることに繋がると思います。

 

また健康とは身体だけではなくメンタル面も含まれ、心身ともに健康であることがその人らしく生きることに繋がりますのでメンタル面の支援も健康管理に欠かせませんので、産業看護師の健康管理の役割は重要になっています。

産業看護師の求人【未経験から企業看護師になるための転職実践ガイド】